軽トラの買取王 軽トラの買い替え時期・目安

軽トラックの買い替え時期・目安

軽トラックの買い替え時期・目安

目安としては走行距離が10万キロ

農業や配送業などで使われることが多い軽トラック。

オートマ車が多くなった今でも、マニュアル車が多く利用されています。

その軽トラックですが、買い替え時期はいつごろなのだろう?と考えている方も多いのではないでしょうか?

一般的に、自動車はメンテナンスをしっかりと行えば、何年でも乗ることが出来ます。

しかし、部品の摩耗やエンジンの劣化などがあり、最終的には買い替える方や乗り換える方がほとんどです。

買い換える目安としては、「走行距離が10万キロ」となります。

年間1万キロ走行する方であれば「10年落ち」です。

このあたりから、各部品が寿命となり、部品交換が必要となってきます。

そのため、修理が多くなってくる時期とも言えます。

ある程度自分で修理や交換が出来るという方は、これらの時期を参考にしなくとも良いですが、あまり車に詳しくないというかたは、これらの時期を目安に買い替えた方が良いでしょう。

欲を言えば、買い替え時期前がおすすめ

先程、軽トラックの買い替え時期は「走行距離が10万キロ」「年式が10年落ち」という目安を挙げました。

しかし、軽トラックを始めとした自動車の買取業者では、「10万キロ」「10年落ち」を境に買取額が下がってしまいます。

というのも、買い取った自動車を中古車として、再販売する場合、「10万キロ」を超えているものと超えていないものであれば、圧倒的に後者の方が売れ行きが良いです。

スーパーなどで見かける野菜もそうですが「200円」ではなく「198円」と売られていることが多いです。

これは、一種の心理学を用いたもので、桁が変わるだけで、実際の金額よりも「高い」「安い」と感じてしまうためです。

自動車の場合は、走行距離や年式はどうしても変えることが出来ません。

そのため、「10万キロ」「10年落ち」を境に金額が変わってしまいます。

寿命としては、まだ乗れる自動車ですが、少しでも高く売りたいという方は、買い替え時期よりも少し前に売ったほうが良いでしょう。

買取対応地域

Top
軽トラの買取王 軽トラの買い替え時期・目安