軽トラの買取王 軽トラが海外輸出される理由

軽トラが海外輸出される理由

軽トラが海外輸出される理由

日本での販売が難しい

現在、日本で公道を走る車には、「車検制度」が導入されています。

そのため、「車検」を通っていない車は、道路交通法違反となり運転することがありません。

排気ガスや、ヘッドライト、タイヤ、サスペンションなど車をこまなく調べられ、不具合があれば車検が降りません。

軽トラなどの自動車は、使えば使うほど傷んでしまいます。

特に買取に出すような自動車は、部品が錆びついていたり、動かないため、買取に出すことが多いです。

その状態の自動車を、また走れる状態に直すには、費用が掛かってしまいます。

しかし、東南アジアやアフリカなどの海外では、車検制度が無く、とりあえず走る状態であれば取引がされます。

軽トラックなどが、買取後、海外へ輸出されるのは、こういった理由が挙げられます。

海外では、日本車が人気

海外では、日本車というだけで高く売ることが出来ます。

家電などもそうですが、「made in japan」が一種のブランドとなっています。

というのも、日本車は丈夫で、なかなか壊れません。

多少、手荒い運転をしても壊れないため、人気となっています。

特に、軽トラックは海外で人気が高く、改造して乗っている方が多いです。

日本では、農業などの商用車としてのイメージが強いですが、海外では、趣味の一つとして、改造し乗るのがトレンドのようです。

そのため、日本国内で買い取った軽トラなどの自動車を海外で売ったほうが高くなることがあります。

買取対応地域

Top
軽トラの買取王 軽トラが海外輸出される理由